• Pico Masaki

My brothers I have never seen…まだ見ぬお兄ちゃん達へ

(日本語はビデオの下にあります。Japanese below)


I’d like to share my video. It’s a Japanese cover song called “Nada Sou Sou” (in English “Tears”).

This song is about a girl who lost her brother. She’s thinking of him and missing him. She is feeling grateful to have him in her life.

This song touches me, and reminds me of the day when I found out that I had 2 older brothers before I was born.

That was my oldest sister who told me the fact, my mom had miscarried twice before none of her children was born.

(My oldest sister was always the one who’s told me something I’ve never known…

something like “did you know that there is no santa?” I cried when I heard that. LOL)

But when I heard this from my oldest sister, my mind was quiet at first.


They were boys.

I remember I was around 10 years old, and of course, shocked to hear that.

And then my brain started to process it…wait, if my mom had 2 sons before us, my oldest sister would be the third, and my second sister would be the fourth child.

I would be fifth….

I don’t think my parents can afford to have five children…I don't think that was an option!

I DON’T THINK I WOULD EXIST!!

That was the moment where I learnt our life is so fragile.

Sooooo fragile. You'll never know what's going to happen.

A little thing becomes a big thing and it can affect everything…

How lucky I’m alive now….until I go back to dust one day.


Here is the video of the song.


I would love you to write something below as a comment.

Please share how you feel from this song.

(sorry it seems that you need to log in to leave a comment)


I appreciate your time to read this. Thank you :)

https://youtu.be/0eRAoyFJ7hA


カバー曲 涙そうそうのビデオをシェアさせてください。

この曲はお兄さんを亡くした方の歌と聞いています。

お兄さんを想って、切なくなって、、、それでもお兄さんがそばにいてくれているような気がして感謝の気持ちが溢れて。。。

私には特別な思い入れがある曲です。

あの日を思い出させるから。。。

「自分には実は二人お兄さんがいたんだ」ということを知った日。

私には二人姉がいますが、その事実を教えてくれたのは、一番上の姉。

サンタクロースがいないことを教えてくれたのも その姉だったし(私は号泣。笑)、

私が知らないことを色々と教えてくれたのが彼女でした。

私の母は、一番上の姉が生まれる前に、二人男の子を流産していたのです。

このことを聞いた時、私は10歳くらいだったと思いますが、

最初のリアクションは静かなものでした。

時が一瞬、止まったような。。。


「あぁ、お兄ちゃんが二人いたんだ。」

そしてだんだん、脳がぐるぐる回転していきます。

「一番上のお姉ちゃんの前にお母さんのお腹の中に『二人』いたということは。。。

お姉ちゃんが3番目の子供、2番目のお姉ちゃんが4番目の子供、そしたら私は。。。

5ばんめ。。??

うちの両親はおそらく、5番目の子供は望まなかっただろう。

そうしたら、私は生まれていなかった。

その瞬間、生まれて初めてくらいの衝撃をもって、

「なんて命って 儚い、脆いものなんだろう」と実感したのでした。

何が起こるか本当にわからない。。。

小さなことが大きなことにつながって、すべてを動かしていく。。。

今 生きていることって、なんて奇跡なんだろう。

いずれは塵に戻るまで。今、生きていること。

こちらが、そのビデオです。

この曲を聴いた時 どんな気持ちが波打つか等、ぜひコメント欄にてシェアしていただけたら嬉しいです。(コメントするのにログインが必要のようです。お手数おかけします。)

読んでいただいて、本当にありがとうございます。


https://youtu.be/0eRAoyFJ7hA



1 view0 comments